新着情報

時計界のスピードスター

こんにちは。森本です。
前回私は服が好きだと書きましたが、音楽も同じ位大好きです。
ブログを何回か書いていると、無理やりでも好きなことを絡めたいので今回もそうします。

と、いうことで・・・、
音楽の三大要素といえば『メロディー』、『ハーモニー』、そして『リズム』
今回はそのリズムと絡めます。
リズムはとても大切で、リズム感が悪ければ音楽を演奏する上でヒジョ~にカッコの悪い事になってしまいます。
良いメロディーも台無しです。
そして、音楽にはそれぞれビートというものがあります。
さあ、ここからが本題です。

いろんな視点から音楽を聴いてみると非常に奥深く、とても面白い。
この先を話し始めると終わらないので止めときますが
聴いている音楽が何ビートかというのは私にとって非常に重要なことです。

例えばジャズによく見る『4ビート』  大人のムード漂うリズムです。
基本的な『8ビート』は男らしいロックに最適。
跳ねたリズムがご機嫌な『シャッフルビート』  もし もし カメよ~ カメ さんよ~
スピーディーな『2ビート』 へヴィメタ好きはこれに合わせて頭を振ります。

そ・し・て
最強ビートの『ブラストビート
ブラストビートとはドラマーがスネアやシンバル、バスドラを
マシンガンのようにドドドドドドッッッと連打するリズム。
主にデスメタルに用いられ、非常に女性受けのよろしくないリズムです。
しかし、その姿は目にも止まらぬ早業で、まるでアスリートの様。
仙人にも見えてきます。

特にツーバスを交互に踏む両足が恐ろしく速い。
100メートルを走らせると世界新を出しそうなスピードなのです。
やっぱりプロの中の最高峰って凄いです。

ただ超人達にも引けの取らない時計があります。
その時計界のスピードスターがこちら

時計好きの方ならモウオ分かりですよね。
そうです。
今や説明不要のムーブメント『エル・プリメロ』
エルプリメロといえば、10ビート(毎時36000回)というハイビートで有名です。
そんなエルプリメロで今回見てもらいたいのは、ここです。

この赤いツメのようなパーツなのですが、アンクルという非常に大切な箇所です。
動画でないのが残念ですがこのアンクルが左右交互にカチカチカチカチ・・・・と凄まじいスピードで動くのです。
(実際に動いている写真を撮ったら早すぎて薄くなってしまいました・・・)
まるで、鉄人ドラマーの足の様ではありませんか。
やっと繋がりました。

思い起こせば、まだあまり時計を手にしていない頃、その動きが面白くて
このパーツは何なんだろう?  どんな役割なんだろう? 他にどんなパーツがあるんだろう?と
このアンクルがきっかけで時計の内部の勉強をしたものです。
よって今でもゼニスは大好きなブランドの一つです。

時計の魅力を感じた所は人それぞれ。
皆様が時計に興味を持ったきっかけは何でしょうか?

では次回『ハーモニー』の巻で

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。